いすゞ エルフの買取相場|エルフを相場より高く売るコツ

MENU

いすゞ エルフの歴史|4代目

1984年7月

4代目が登場しました。 ディーゼルエンジンは全車直噴化され、キャブ色に白を設定したことから、いすゞでは「白いエルフ」と呼ばれていました。

1986年12月

NAVI-5搭載車の販売が開始されました。

1987年2月

マイナーチェンジにより、フロントグリルの形状が変更されました キャブ色の白はカラードパンパーとなりました。

1987年9月

4WD車が追加されました。

1988年6月

生産累計が200万台を達成しました。

1990年6月

マイナーチェンジにより、ISUZUロゴのデザインが変更されました。 また、ヘッドライトが角形4灯から異形タイプに変更されました。

関連ページ

いすゞ エルフの歴史|初代
トラック・重機の中古買い取り相場より高く売るにはコツがあります。このサイトでは、いすゞ エルフの買取相場より高く売るためのノウハウをご提供します。
いすゞ エルフの歴史|2代目
トラック・重機の中古買い取り相場より高く売るにはコツがあります。このサイトでは、いすゞ エルフの買取相場より高く売るためのノウハウをご提供します。
いすゞ エルフの歴史|3代目
トラック・重機の中古買い取り相場より高く売るにはコツがあります。このサイトでは、いすゞ エルフの買取相場より高く売るためのノウハウをご提供します。
いすゞ エルフの歴史|5代目
トラック・重機の中古買い取り相場より高く売るにはコツがあります。このサイトでは、いすゞ エルフの買取相場より高く売るためのノウハウをご提供します。
いすゞ エルフの歴史|6代目
トラック・重機の中古買い取り相場より高く売るにはコツがあります。このサイトでは、いすゞ エルフの買取相場より高く売るためのノウハウをご提供します。